ピアノの買取依頼のポイント

教育の一貫としてこどものために購入したピアノ、小さい頃は頻繁に練習したり、家族の前で演奏を披露してくれたりと、活躍の場がたくさんあったと思います。しかし、子どもが大きくなるにつれて、音を出す機会は減り、今では、すっかりお部屋のインテリアになっている、そんなケースは少なくありません。

もちろんインテリアとしてもピアノのデザインは、優秀ですしお部屋にも馴染むと思います。昔ほどの頻度ではないにしろ、たまに音を出してあげれるのならそれもいいと思います。でも、全く触れる機会もなくなり、お部屋の角に鍵盤に触れられることもないまま置かれているということであれば、第二の人生を与えてあげるためにも買取依頼を考えてもいいかもしれません。正直、お部屋のスペースも広がり、有効活用にもなります。
欲しいという方は、いらしゃいますし、その中には中古でまずは練習という考え方もあるでしょう。ピアノの第二の人生を是非考えて見ましょう。

さて、依頼のポイントとは、どんなものでしょう。
まずは、コンディションが重要です。定期的にメンテナンスされ、適度に音も出されていたもの、見た目も綺麗なものの方が評価は高くなります。プロの整備士に依頼するとはいかなくても、全部の鍵盤の音を出したり外見を清掃したりというだけでも価格は変わってきます。
次に付属品の有無です。購入した当初の付属品がすべて揃っていると、これも評価は高くなります。
最後に、依頼する会社を一社にせず、複数社に見積もりを依頼することが肝要です。
コンディションの良し悪しの評価や、買取価格に大きな開きが出ることも少なくありません。
インターネット上では、依頼を一括で行うことができるサイトもあり、こうしたサイトを使えば依頼するのも比較的容易です。

依頼をする際にも留意点があります。申し込みサイトではメーカーや型番などを入力することになりますが、ここで間違いの無いようにしましょう。特に型番は、記載されている箇所がわかりずらいこともあります。型番が記載されている場所について、不明な場合はネットで検索して見ましょう。些細なことですが、重要なポイントです。

こうして買取されたものは、必要な修復を受け日本国内の他、海外に輸出され現地で販売されるケースもあります。再び楽器としての役割を取り戻し、使いたいという人に使われるわけですから、自宅で眠っているよりはいいですよね。是非検討して見ましょう。